スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NSX-GT引退

DSC03125.jpg

もはや新鮮でもなんでもない話題ですが、2009年度をもってNSXがSuperGTから引退するらしいですね。

1997年から全日本GT選手権に参戦を開始し、以来13年の長きに渡ってサーキットを走ってきたNSXですが、この度ついに引退。
その13年の間にニッサンはR33→R34→Z33→R35へ、トヨタはスープラ→SC430へと参戦車両を変えてきましたが、ホンダはずーっとNSX一本。それでも、なお古さを感じさせないフォルムにNSXの凄さを感じます。

サーキットでその姿を初めて見たときの衝撃はいまだに記憶に残っていて、(とは言っても2005年型なんですがw)想像以上の低さと、機能美にあふれた造形に目を奪われました。
何というか、よくできたモノってギュッと小さく見えませんか?あの感覚をそれまでで一番強く感じたのがその時です。最新型のGT-RやSCも間近で見ると惚れ惚れするくらいカッコイイですが、NSXを見たときほどの衝撃は感じません^^;

ただ、最近のNSXは進化し尽くして、毎年の変化が小さくなってきていましたよね。
ZやSC、GT-Rはフロントフェンダーやリヤフェンダーが過激に進化している様子が見れて、毎年シーズン開幕前は新車デビューをwkwkしながら待っていましたが、NSXは変化が小さくて、最近はあまりチェックする気が起きずでした。

ちなみに、NSXはだいたい2年ごとに車体を完全に入れ替えて改良していたみたいですが、今季2009年型は2007年型から3年目の車体のようです。レギュレーション変更で失われたダウンフォースを無理矢理回復させようとしている、DTMチックなリヤフェンダーはイマイチカッコよくないですし、なんとなく限界にきている感じがしました。
3年目も同じ車体を使うということで、そろそろ引退かとは思っていましたが、ついに来てしまいましたね。あと1戦でその走りが見れなくなると思うとすごくさみしいです。

とまあ、ラストランが近付いてきて急に感慨にふけっている普段はニッサン党のDon-3rdですが、よくよく考えてみると、ニッサンで走っているドライバー、松田次生やブノワ・トレルイエ、セバスチャン・フィリップも元はNSX乗りということに気付きました。

トヨタのエースと呼ばれる脇阪寿一も昔はNSXに乗って暴れていたドライバーで、その相棒のアンドレ・ロッテラーやセルモのリチャード・ライアンもかつてはNSXをドライブしていましたような気がします。

GT300に乗っている、某Mくんも大絶賛の加藤寛規選手だって元はGT500NSXドライバーです。

…ホント、錚々たる顔ぶれです (^_^;)

現在、ニッサンやトヨタで走っている国内トップドライバーの多くが実は過去に1度はNSXに乗っていたドライバーだったりして、NSXがすごく多くの超一流ドライバーを育てていたクルマだったことに気付きます。
FNで勝ってるドライバーだって、ほとんどNSX乗りですし (゜-゜)
NSXは日本のレース界を育て牽引してきた偉大なクルマだったんじゃないかと思います。

…NSX引退まであと1レース。現地に見に行けないのは残念ですが、テレビの前に張り付いて最後の雄姿を見たいと思います。

自分も、しばらくはGTR2でNSXに乗って、いいドライバーに育ててもらおうかな・・・^^;

スポンサーサイト
プロフィール

Don3

Author:Don3
大事なところで・・・
ズサ━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡━━!!

最近、近所の店の烏賊の風味が強いラーメンにハマり中w 某所では「烏賊臭ラーメン」として「いつか食べてみたい珍味」に認定されているとかいないとか。

OAS-B
   O(。A。)S =B 
公式キャラクター:オアソビ君
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
勝手に追加してしまいましたm(_ _)m
不都合ございましたら、
ゴルァしてくださいorz
FC2カウンター
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
QRコード
QRコード
!
@
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。